FC2ブログ
自社ブランド「天彌」(あまみ)に関する情報等を綴ってまいります。 「天彌」とは「乳酸菌マイクロ熟成エキス」のことで、乳酸菌生産物質(ビフィズス因子)です。波動もかなり高く、健康維持や健康を目指す多くの方々にご愛飲いただいてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月13日(日)に、西原研究所にて、
日本免疫病治療研究会 会長の西原克成先生による、
免疫病治療研究会講習会に、
ワイドプランニング社長も出席してまいりました。

多くの免疫病は、西原先生の指導で劇的に改善されていることを
発表されました。

その中でビフィズス因子というものがかなり重要なもの、
そして、数ある中のビフィズス因子でも、
天彌(ワイドプランニング)だけが、招待されました。

歯科医や医師がいらっしゃる中で、
社長は天彌(あまみ)をご案内することができ、
また、多くの方々へ広がっていきそうな気配を感じます。

西原先生の指導では、温かいものを飲食が基本の一つ、
懇親会では、温かいワインがだされたようです。

2008,7西原講習会


社長も懇親会では皆様の前でヒトコト自己紹介をさせていただきました。

スポンサーサイト

【2008/07/16 14:51】 | ここだけの話^^
トラックバック(0) |

ワイドプランニング㈱天彌製造法は、
1種類の菌だけを発酵させるものとは違い、
有用乳酸菌群の共棲状態を目的とした、
大変難しい製造法です。

「FDF」エキスは、弊社が独自に研究開発した、
『5段階発酵・熟成方式』で独自の有用乳酸菌群を
発酵・熟成させて得られた発酵エキスです。
また、一つ一つの発酵・熟成を丹念に重ねて作られるエキスは、
約2年の製造期間を必要とします。

*「FDF」=Fifth Deep Fermented の略で、
 深い5段階の発酵という意味です。

★第一醗酵 ~ 第五発酵 
段階別に発酵をします。
そして熟成・加熱殺菌、急冷却・最終熟成をします。

工場写真


工場写真


天彌(あまみ)は時間をかけて、
スタッフ一同が丹精込めて作っております。
健康維持や健康を目指している方の
手助けになりますようにこれからも頑張ります!


【2008/06/30 10:53】 | ここだけの話^^
トラックバック(0) |
天彌」は一般的にサプリメントとしてとらえる方が多いと思います。
分野でいうと、健康食品に入るのは仕方がないでしょう。

しかし、天彌はサプリメントというよりは、
ワイドプランニングとしては、
食品として考えています。

あまみ写真


今の世の中、普通に口にする食材には、
農薬がついていたり、知らぬうちに、
体に害になるものが入ってきます。

天彌を料理に加える事で、腸内環境を整え、
その害を少しでも排出できるように、と考えています。

大手フード会社の製造の分野でも、天彌が食材の一つとして、又、
食品添加物の代わりになるかどうかとして、研究やテストをして
もらっています。
その結果、同時に興味を持ってくださる企業もでてきています。

天彌はサプリメントと言うよりは、
今や、食材として認めつつあるのです。

いつか、天彌入りの食べ物が発売された時、
ご紹介できればと思っています。

【2008/03/07 10:21】 | ここだけの話^^
トラックバック(0) |
最近「天彌サラサ」の質問が、
よくありますので、今日はご説明します。

サラサ1包2g、内0,6gが天彌原液です。
天彌原液を飲めない人や、
粒(クラン・カプセル)がまだ飲めない人(子供など)
を対象に美味しくいただけるように開発されました。

美味しくするため、飲みやすい顆粒にするために
加工素材を入れてあります。

サラサ


原材料名に記載されている、
大豆(エキス原料)、環状オリゴ糖
とありますが、いわゆるサイクロデキストリンという物で、
エキスを微粉末状態にするためにオリゴ糖に包み込んで粉末化しています。
これに、微量の食物繊維とオリゴ糖(このオリゴ糖はデキストリンと言い、
微粉末を顆粒に仕上げるために吸着させるオリゴ糖物質です)
さらに、微量のビタミン類とヨーグルトフレーバーやクエン酸を混ぜて、
そこそこ飲める位に味を整えて、仕上げたものになります。

決して悪い物を入れてはいませんが、無駄なことをしています。
つまりビフィズス菌を増やすための材料として、
天彌原液エキスがあるのに、それを粉末化
にして、なおかつ顆粒加工にするために、
外因性オリゴ糖を入れているということです。

外因性オリゴ糖が入っているので、赤ちゃんにはどうなのかわかりませんが、
母乳・ミルクしか口にしていない赤ちゃんには、腸の未成熟なことから、
天彌原液のほうが望ましいと思います。

母乳を出す、母親が飲む分には問題ないでしょう。

サラサは旅行や外食時などには、とても便利です。

使い勝手を分けて、常備しておくのもいいですね。

【2008/02/08 12:42】 | ここだけの話^^
トラックバック(0) |
天彌の50cc用容器が新しくなりました


今までは、

50cc新しい容器


原液の出る口は

50cc新しい容器

50cc新しい容器


容器は、ちょっと硬く、原液を出すのにちょっと力が必要でした。

出口もちょっと大きな穴なので、漏れやすい感じで、蓋をしめていて横になってしまったりすると、時間がたってから、蓋と容器の部分に天彌の塊が付いてしまっていた状態が見受けられました


そこで、それらを改善、、、

こちらが新しい50ccの容器となります。

お値段はもちろん今までと変わりません。

50cc新しい容器


原液の出る口は

50cc新しい容器

50cc新しい容器


となりました。

容器も少し軟らかくなり、握力の弱い方にも、簡単に原液を出すことができます

そして、蓋も漏れにくく、天彌の塊もできなくなりました

でも、今までの容器で慣れている方、今までの握力で「ビューッ」っと押してしまうと、出すぎてしまうかもしれません

今、旧50cc容器をお使いの方、次回ご購入からは、新しい50cc容器が届くかと思います。

お楽しみに~

【2008/01/24 10:21】 | ここだけの話^^
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。