自社ブランド「天彌」(あまみ)に関する情報等を綴ってまいります。 「天彌」とは「乳酸菌マイクロ熟成エキス」のことで、乳酸菌生産物質(ビフィズス因子)です。波動もかなり高く、健康維持や健康を目指す多くの方々にご愛飲いただいてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月11日(日)は母の日でしたね。

皆さんはお母さんに何をプレゼントされましたか?

私は両家両親にピンクのカーネーションをプレゼントしました。

2008母の日花


この綺麗な状態を長持ちさせた~いって思いませんか??

お花って寿命が短いので、すぐに枯れてしまうこともありますよね。

お手入れ次第!?とも言えますが^^;

そこで、オススメ!!

10cc天彌原液を1本一緒にプレゼントして、お水をあげる時に、1滴入れてみてください。

または、霧吹きで1滴程度入れてみたのを、

お花にかけてみてください。

きっと、長持ちしますよ~~

既に、母の日は終わってしまったけど、

今からでも原液を入れたお水を与えるには間に合いますっ!

お試しください。
スポンサーサイト

【2008/05/16 12:32】 | 活用法
トラックバック(0) |
お店で売っている野菜はキレイに整っているものばかりですよね。

でも、キレイに整った野菜は、ほとんどが農薬を使って害虫を殺したお陰です。

と言っても、実際に私たちの口に入る野菜は、農薬が付着したままの可能性が大!

普通に水洗いした程度では取れないと思います。

そう考えると生野菜で食べるとなると、なんだかコワイ気がしませんか?

実は、「天彌」はすごい技があります

付着した農薬を取ることができるというのです。

たらいに水を入れて天彌を数滴たらします。

2008,3,11農薬除去


その中に生野菜を入れて3~5分程度浸しておきます。

2008,3,11農薬除去


その後、普通に料理に使えばいいだけのことだそうです。

野菜を取り出したお水は、農薬のニオイがするという人もいました。

実際、どれだけ取れているかはデータにはなっていませんが、

やらないよりは、よさそうですね。

また、天彌は抗酸化力もありますので、天彌を入れたお水のスプレーで、

買ってきたばかりの刺身などに吹きかけて、翌日になっても新鮮さが保てるとも言われています。

お試しください。

【2008/03/11 10:14】 | 活用法
トラックバック(0) |
以前も、炎症について書いたことがありました。


昨夜、料理中に包丁で指を切ってしまいました


研いだばかりの包丁だったので、余計に切れ味がよかったのです。


急いで水で洗い、ティッシュで拭いて。


でも、血がどんどん出てきました


急いで天彌を一滴たらしました。

08,2,6 指



最初はジーンという痛みがちょっとありましたが、


止血が早かったです。


そして水に強い絆創膏を貼りました


お風呂上り、絆創膏が取れてしまったので、


写真をとってみました。

08,2,6 指



また天彌を一滴たらしてから新しい絆創膏を貼りました。

08,2,6 指



何故だか、痛みもあまりなく、治まりが早い気がします。


主婦の方は、たまには私みたいに包丁で指を切ってしまうことってあると思うのです。


是非お試しください


 PS:それにしても私、痛い状態ですぐに、余裕ではないのですが・・・

【2008/02/06 10:53】 | 活用法
トラックバック(0) |
天彌(あまみ)の活用には色々とあります。

健康食品の分野ですので、「飲む」「食べる」などの表現になりますよね。

でも、「塗る」という活用もあります。

特に炎症には効果あり!


例えば、包丁で指を切ってしまったとき、どんどん血が出てしまったりして・・・

そこで天彌を数滴たらします、炎症の治まりが早いのです

また主婦は水仕事が多く、手がかさつきやすく、ひび割れしてしまうことも・・・・

そのひび割れしたところに、また1~2滴たらしてください。

天彌は酸味があるので、もちろんしみます、しみて少しの間痛いかも

でも、またコレが治まりが早いのです。

他、炎症が起きたところに使えます。

そして、オイリーさが必要な場合は、お手持ちのクリームでもいいですが、

オリーブオイルもなかなかいいですよ

【2008/01/12 21:46】 | 活用法
トラックバック(0) |
天彌は人間の健康だけじゃないです

なっなんと

植物にだって良いのです

スプレーボトルにお水を入れて、そこに天彌を入れて下さい。

約1万倍に薄めるだけで良いのです。
(例)2リットルに対し、1~2滴くらいです

そのスプレーを植物全体に吹きかけます。

葉・木・茎・土・・・

すると、、、、

パキラの場合ですが、

植物


スクスクとかなり大きくなりました

そして、拡大してみると、

植物


茎の部分に水滴が見えるのがおわかりでしょうか

実はコレ、吹きかけたスプレーではなくて、

樹液なのです!

スプレーしていないときに撮った写真なのです。

樹液が出ていると言うことは、植物にとってかなり健康的なこと。

天彌は多くの生き物を健康的にしてしまうのです



更に、天彌を吹きかけた植物の「クワズイモ」、

巨大に成長してしまった写真を見て下さい。

植物


植物は無垢ですから良い物はどんどん吸収し、

成長するのでしょうね。

ということは、人間では赤ちゃんがその部類に入るかも!

赤ちゃんにはすぐに効果がわかりそうですね


ワイドプランニングでは、
天彌を上手く活用している方からのメールもお待ちしております。
よろしくお願いします。

【2007/12/15 12:58】 | 活用法
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。